“kids”は何歳まで?いい意味と悪い意味で使うときがある!

ご存じ、子供という意味のキッズ(kids)。

一体何歳までがkidsなのか?

調べてみると、同じ「子供」でも色んな意味がありました。

大学生もkid?!

kidsという言葉を聞くと、私のイメージはこういう感じ。

年齢的にいうと、中学生ぐらいまで?

思春期に入っていない子供のことを指すのだと思っていました。

と こ ろ が !

映画「トランスフォーマー2」を見ていました。

エイリアンが主人公のサム(大学生)に「地球が消滅するから協力して」とお願いするも、サムがお断りするシーン。※すっごくざっくばらんな説明です。

“I’m just a college kid!”

「俺はただの大学生だよ!」

えっ大学生もkidなの?!

はっ!でも思い返せば、スターウォーズの新シリーズ。

ハリソンフォード演じるハン・ソロは、終始主人公レイのことを”kid”と呼んでいたな・・・。

この投稿をInstagramで見る

Daisy Ridley(@daisyridrey)がシェアした投稿

こちらが主人公のレイ。

劇中では特に触れられないし、スターウォーズだし若く見えて実は1000歳とかデーモン小暮的なルールがあるかもしれんが、とりあえず思春期以前ではないはず。

えっもしかしてkidってかなり守備範囲広い・・・?

辞書では子供・青二才

改めて辞書で”kid”を調べてみると、「子供」の他に「青二才」という意味があった。

なるほど。

「まだまだ修行が足りない未熟者」という意味なら、

トランスフォーマーのサムは「こんな大学生のガキに地球なんて救えないよ。」となり、

スターウォーズのハン・ソロ(70歳ぐらい)はレイをkidと呼ぶことで経験の少なさをからかうような意味があるのかもしれない。

改めてTonyにkidの意味を聞いてみた。

いい意味にも悪い意味にもなるkid

Tonyによるとkidは見下すときに使うこともあれば、親密感を出したいときに使うこともあるらしい。

Derogatory term

相手を見下すような、蔑称のことを英語で”derogatory term”と言います。

有名なもので言えば、日本人や日系人を”Jap”、アフリカ系移民を”ni**er”と呼ぶものですね。

derogatory termとしてのkidの使い方は、青二才のように未熟さや経験の無さ、浅はかさを見下したような表現になります。

例:

” She’s just a rich spoiled kid.”

“Damn kids!”

日本語でいうとこの「ガキ」といった感じでしょうか。

使う相手が20代でも、計画性の無さや経験値の無さを貶めたいときに使われることがありますよね。

バスケ大好きのTonyがまたマニアックな例を出してきました。

先日不慮の事故で亡くなった、元NBAのスター選手コービー・ブライアント。

ライバルのラジャ・ベルがコビーに対して攻撃的なプレイを行った試合。

その後のインタビューでラジャ・ベルについて、

“I don’t know this kid. I don’t need to know this kid.”と一蹴。

その後コメンテーターが、「kidってラジャ・ベルはコービーより2歳年上だよ!」と突っ込んでます。

kidどうこうより、コービーの細かいことは気にしねえワカチコっぷりがしびれますね。

Term of endearment

一方で、仲の良い相手、親密度の高い相手に使うterm of endearment としてのkidもあるのです。

彼氏、彼女、パートナーに”honey” “baby” “darling”だったり男同士で”bro” “dude”と言うのがterm of endearment。

日本語だとちゃん付けしたり、仲間うちのニックネームで呼ぶのがterm of endearmentに当たると思います。

英語には先輩・後輩に当たる言葉がないのですが、自分のかわいがっている後輩や仲良くしている年下の友達に親しみをこめてkidを使うことがあります。

Tonyは高校で英語を教えているとき、自分のクラスの生徒を親しみをこめた意味で” my kids”と呼ぶことがあるそう。

例:

Such a funny kid!

He’s a nice kid.

映画「カサブランカ」で恋人の身を案じ、別れを告げるシーン。

“Here’s looking at you, kid.”

日本語では「君の瞳に乾杯」と訳されたセリフにも実はkidが!

Tonyいわく恋人相手にkidを使うのは一般的ではないそうです。


スターウォーズのハン・ソロが使うkidは、からかい半分・親しみ半分かもしれないですね。

見下した意味でのkidか親しみをこめたkidなのか、文脈で判断するしかないんですよね~。ややこし!

まとめ

kidsは、日本でも使われるキッズ(子供)の意味の他、

・経験の少なさ、計画性のなさを見下す呼び方

・年下の友達・後輩に親しみをこめた呼び方

の2種類があり、これらは20代ぐらいまで使われるようです!

NBAからカレッジバスケまで語りたい人はぜひTony-timeのオンラインレッスンへ!

LINEお友達登録していただくと、このブログの更新通知が届きます♪

友だち追加

LINE ID: @680cgsho

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

このブログを書いた人

このブログを書いた人

名前:森永Joanna

Tony-time広報担当。日常会話からちょっと毛が生えた程度の英語をしゃべることができます。ネイティブの英語に近づくべく日々勉強中。Tonyから毎日指摘されています。

ジョアンナは日本人です。